INFORMATION & TOPICS

【2019.01.16】書道パフォーマンス
     2019年1月5日(土)に大谷地にて、今年で8回目となる書道パフォーマンスを行いました。 日頃お世話になっている方々への感謝の気持ちを笑顔で伝えようと部員一同、一所懸命にパフォーマンスに臨みました。
     ご来場いただきました皆様、有難うございました。今後ともよろしくお願いいたします。
     





 
【2018.10.31】第63回全道学校書道展
     第63回全道学校書道展(主催:北海道書道教育連盟・毎日新聞社北海道支社)に出品の結果、以下の結果になりました。
     
    団体
    表彰校
     
    個人
    推薦(3名) :高橋 芽生  蝦名 未衣  千葉 香凜
    特薦(39名):門脇 杏実  古閑原春花  石田 瑠那
    白旗  舞  笹村 禎得  畑 ことみ
    川上 若葉  鈴木 早紀  田中 沙季
    玉置 来美  坂井 那緒  佐々木花梨
    藤居 歩優  今井 千尋  鈴木 綾乃
    吉本 愛優  鈴木  栞  笹村 禎得
    工藤 夏奈  白旗  舞  冨永香奈恵
    村上葉奈香  上西あゆみ  善行さくら
    橋名奈果  桑谷  樹  佐久間春風
    田平萌乃佳  山本 美友  大石 陽香
    畑 ことみ  三村  望  筧  実桜
    鍜治川小幸  重住 百慧  宗川 晴香
    大下 歩優  砂川 千優  横山 麗奈
    西田 彩乃  玉井 瑠華  鈴木 彩水
    秀作(22名):酒井 未羽  長野 果林  畑野のどか
    松枝 典佳  金子 遥香  高橋菜々香
    小笹 奎依  笹森あゆり  立花 明音
    坂井日向子  吉村  桜  清水 凛子
    奥田 彩花  品川 こと  松沢 友愛
    浅利 花香  小林 美涼  谷川奈奈香
    長岡 凌太  今泉 瑠菜  中村 亜美
    松坂 優香
     
     尚、全道学校書道展は平成30年11月28日(水)〜12月2日(日)まで札幌市民ギャラリーにて開催されます。 表彰式は12月1日(土)午後2時より、ホテルライフォート札幌にて行われます。
 
【2018.10.25】第27回国際高校生選抜書展
     毎日新聞社・毎日書道会主催第27回国際高校生選抜書展「書の甲子園」に出品し、以下の成績となりました。
     
    団体
    北海道地区優秀賞(2年連続:12回目の受賞)
     
    個人
    秀作賞:古閑原春花  川上 若葉  田平萌乃佳
    入 選:酒井 未羽  金子 遙香  高橋 芽生
    白旗  舞  笹村 禎得  畑 ことみ
    鍛治川小幸  重住 百慧  千葉 香凜
    鈴木 彩水
     
     尚、作品の展覧会が平成31年1月29日(火)〜2月3日(日)の期間で大阪市立美術館にて開かれます。
 
【2018.10.10】第52回全道高等学校書道展・研究大会
     10月3日〜5日室蘭市にて、第52回全道高等学校書道展・研究大会が行われました。
     開会式・全国大会報告は室ガス文化センターで、作品鑑賞・合評会・席書会・閉会式は室蘭市体育館で行われました。
     今回の大会テーマは『「久遠」〜海からの贈りもの〜』で、テーマに沿って席書会では蘭扇(殻長13センチ以上のホタテ)に書をしたためました。
     本校から、3年次川上さんが北海道高等学校文化連盟賞を受賞し、2年次畑さんが北海道高等学校文化連盟賞および全国推薦を受け、 来年佐賀で開かれる全国高等学校総合文化祭(略称:全国高総文祭)に北海道から参加する17名の一人に選ばれました(写真の真ん中が受賞作品。)
     
       








 
【2018.08.30】第64回高文連石狩支部書道展
     8月7日(火)〜9日(木)、札幌市民ギャラリーにて第64回高文連石狩支部書道展が行われました。
     全年次生65名が作品を出品し、その結果3年次生17名、2年次生14名、1年次生6名の計37作品が第52回高文連全道高等学校書道展・ 研究大会へ選考されました。 これらの作品は10月3日(水)〜5日(金)に室蘭で行われる大会に出品されます。
     各賞については次の通りです。
     
      特選賞 3年次生12名・2年次生10名・1年次生2名(計24名)
      秀作賞 3年次生5名・2年次生4名・1年次生4名(計13名)
       
     



 
【2018.07.11】2018書道パフォーマンス
     6月23日(土)新札幌サンピアザ光の広場にて、午後2時より書道パフォーマンスを行いました。 大勢の方に来ていただき、ありがとうございました。
     以下に部長の始めの挨拶と終わりの挨拶を掲載いたします。 部員全員の気持ちとしてお読みいただければと思います。
     
    始めの挨拶
     皆さんこんにちは。北広島高校書道部部長の川上です。  新入部員が加入し、創部以来初めての60名を超える部員で、こうして皆さんの前でお見せするのは今年初めてになります。
     パフォーマンスのテーマは「我逢人〜我、人と逢う〜」です。 私たちは応援してくださっている皆さんのお陰で、こうしてパフォーマンスを続けさせていただいています。 この感謝の思いを皆さんに届けます。
     今回のパフォーマンスは、今までの伝統を引き継ぎつつも新しいことにも挑戦しました。
     書道を通して私たちが大切にしているもの、それは「その一瞬に精一杯向かう」ことです。 未熟な部分も多いですが、一生懸命頑張りますので応援してください。よろしくお願いします。
     
    終わりの挨拶
     今日は私たちの書道パフォーマンスを見ていただき、ありがとうございました。
     10年以上前から続いている書道パフォーマンス。私たちにしか出来ない書道パフォーマンスだと思っています。
     このサンピアザでは10回目となりました。こうして途切れることなく続いているのは、今日ここに見に来てくださいました皆さんのお陰です。 感謝しています。ありがとうございます。
     この北広島高校書道部の伝統は絶えることなく続いていくものと確信しています。 どうかこれからも北広島高校書道部の応援をよろしくお願いします。 本日は本当にありがとうございました。
 







 
【2018.01.18】2018年書初め
     1月6日(土)、大谷地のCAPOにて14時から玄関ホールで書道パフォーマンスを行いました。 今回は1年生も作品を手がけました。沢山の方々との出会いに感謝しながら、作品を作り上げていきました。
     作品はCAPOの店内に掲示されています。お時間がありましたら、ご覧になって頂ければ幸いです。
     作品は次の通りです。(発表順)
     
    1.1年生「近代詩文書(Golden Girl)」
    2.2年生「笑門来福」
    3.2年田中「楷書」・2年高橋「隷書」
    4.2年長野・門脇「凌雲」
    5.2年吉本・鈴木「鳳舞」
    6.1年生「福寿舞」
    7.2年生10名による筆伝「鶴」
    8.2年生「近代詩文書(ありがとう)」
 






 
【2017.12.18】第70回記念北海道学生書道展覧会
     第70回記念北海道学生書道展覧会(主催:北海道書道教育連盟・北海道新聞)に出品の結果、 以下のようになりました。
     
    推薦:畑 ことみ(臨書部)
     
    特選:川上 若葉(臨書部)
       澤崎 桃葉(臨書部・創作部)
       今井 千尋(創作部)
       鈴木  栞(創作部)
       吉村  桜(創作部)
       畑 ことみ(創作部)
       工藤 夏奈(臨書部)
       笹村 禎得(臨書部・創作部)
     
     以上の作品は、札幌市民ギャラリーで、平成30年1月5日(金)〜8日(月・祝)まで展示されます。
【2017.12.13】どさんこチ・カ・ホ de XMAS
     12月9日(土)、札幌の地下歩道空間(チカホ)北3条広場で行われた札幌テレビ放送(STV)開局60周年記念イベントのオープニングに出演しました。
     5日(火)放課後に打合せとリハーサルを学校で2時間ほど行いました。
     本番のステージが狭く2年生だけのパフォーマンスでしたが、部員全員が生放送の現場を知ることが出来、良い経験になったと思います。
     STVの方々には大変お世話になり、感謝しております。
     





     
【2017.11.15】
     11月2日付けの日刊スポーツに書道部が掲載されました。
     毎週木曜付新連載「凄い!珍しい!THE倶楽部」で、学校などの様々な部活やサークルを紹介する特集記事の第1回目に選ばれ、10月25日に取材を受けました。
     日刊スポーツ社からホームページへ紙面の掲載許可を頂きましたので、掲載いたします。
     以下は、記事全文です。
     
     
    「北広島高書道部 チーム愛」「14年書の甲子園準V!校外パフォーマンス高評」
     
     「筋トレ&スクワット締め48人没頭」
     北広島高校舎の4階、放課後になると奥深い墨の香りが立ち込める。書道部員が黙々と半紙に向き合っている。夏で事実上引退した3年生を除いても1,2年生だけで計48人。文化部として吹奏楽部に次ぐ大所帯だ。『入りきらなくてこっちも使っています』と顧問の湊広仁教諭(55)。書道教室に第2書道教室、さらに廊下にまで紙と硯を並べ、制作に没頭している。
     芸術には体づくりも欠かせない。10年から毎年6月に実施する書道パフォーマンス。開催3週間前から、筋力アップがノルマとして課される。放課後の部活後、部員全員でスクワットをして締める。川上若葉部長(2年)は『スポーツ選手ほどではないですが、大きな筆を動かしたりするので、筋トレが必要なんです』と言う。太もも、腰周りの筋力をつけ本番に備える。
     
     「心身極限夜通し墨と格闘妥協せず」
     夏休みに札幌・定山渓で2泊3日の6校合同『強化合宿』が実施される。主に全国高校総合文化祭(全国総文祭)への出品作品をつくるためで、ほぼ全員が夜通し、墨と格闘する。3度の食事以外はほぼ制作時間にあてられ、川上部長は『2日目の夜に2時間寝たくらいでした』と振り返る。体と精神を極限まで追い込み、妥協ゼロでベストの作品をつくりあげていく。
     日本を代表する書家・中野北メイ(さんずいに冥)氏の弟子で、14年まで18年間顧問を務めた石原卓氏の下、02年から書道パフォーマンスを導入した。校外活動がメディアでも紹介されるようになり、一気に人気部活になった。湊教諭は『一緒に何かを作り上げる中で、けんかしたり悩んだり助け合い1つになれる。最初はグループに分かれていた子たちが最後はみんな仲良くなっている』と言う。この要素が強い書道の中に少しずつ『チーム愛』が芽生える。書を通して互いを理解し合うことが、人間育成の一助となっている。
【2017.10.30】
     第26回国際高校生選抜書展(「書の甲子園」)に出品の審査結果は、次のようになりました。
     北広島高校書道部として、「団体 北海道地区優秀賞」となりました。また個人では、15名の生徒が入選となりました。
     
     上原ゆり(3−1)  箱根佑香(3−1)  大坪奈央(3−2)
     金澤知央(3−3)  高井遙香(3−3)  鈴木優香(3−5)
     新保亜理沙(3−7) 星野希実(3−8)  金子遙香(2−1)
     吉本愛優(2−2)  古閑原春花(2−4) 高橋芽生(2−5)
     藤居歩優(2−5)  門脇杏実(2−7)  坂井那緒(2−8)
     
     3年次生部員全員が入選となりました。
     こちらは、来年1月30日〜2月4日に大阪市立美術館に展示されます。
    (国際高校生選抜書展:主催毎日新聞社・毎日書道会、後援外務省・文部科学省・高文連)
     
     第62回全道学校書道展(主催 北海道書道教育連盟・毎日新聞社北海道支社)に出品の結果は、以下のようになりました。
     
     推薦 高橋芽生(2−5)
     特選 上原ゆり(3−1)  金澤知央(3−3)  鈴木優香(3−5)
        新保亜理沙(3−7) 金子遙香(2−1)  吉本愛優(2−2)
        高橋菜々香(2−3) 玉置来美(2−3)  酒井未羽(2−4)
        長野果林(2−4)  藤居歩優(2−5)  石田瑠那(2−6)
        佐々木花梨(2−6) 鈴木綾乃(2−6)  松枝典佳(2−6)
        今井千尋(2−7)  門脇杏実(2−7)  笹森あゆり(2−7)
        田中沙季(2−7)  坂井那緒(2−8)  澤崎桃葉(2−8)
        立花明音(2−8)  柳瀬朱里(1−2)  吉村桜(1−2)
        工藤夏奈(1−4)  奥田彩花(1−5)  冨永香奈恵(1−5)
        笹村禎得(1−6)  桑谷樹(1−6)   品川こと(1−7)
        田平萌乃佳(1−8)
     
     上記の作品は、11月29日(水)〜12月3日(日)まで札幌市民ギャラリーに展示されます。
【2017.10.25】
     10月11日(水)から3日間、函館市函館アリーナを会場に開催された「第51回全道高等学校書道展・研究大会」に参加しました。
     初日は14:30〜15:50に出品作品の一般公開・自由鑑賞が行われました。
     2日目は開会式・全国大会報告・函館支部発表・作品鑑賞・合評会が行われました。 全国大会報告では、今年8月に仙台で行われた総文祭宮城大会に参加の生徒から報告がありました。 合評会では各校顧問の先生方から講評を頂き、また、他校の作品を生徒同士で講評しあいました。
     3日目は席書会と閉会式が行われました。 席書会は他校の部員とともにグループを作り、顧問の先生の指導の下GLAYの歌詞で作品を作りました。 閉会式では次年度の総文祭に出品する代表生徒17名が選ばれ、表彰されました。
     
     本校からは、全道出品作品の中から次の2名が受賞しました。
     
    「北海道高等学校文化連盟賞」
     3年次 新保亜理沙 作品名「顔勤礼碑」
     制作の感想:「制作にあたって常に意識したことは、力のある線で書くことです。 今回は全体的に画数の少ない字が多く、存在感をだすのに苦戦しました。」
     
    「優秀賞」
     2年次 高橋芽生 作品名「木簡」
     制作の感想:「左右の文字をバランス良く書くことや墨の濃淡をつけるのが難しく、また線に深みを出すことに苦労しました。 書いていてとても楽しく、書き甲斐のある作品でした。」
     
11日一般公開の様子合評会
合評会集合写真
書席会書席会
書席会(他校部員と打ち合せ)閉会式(全国出品作品の表彰)
【2017.08.31】
     昨年度末に北広島商工会より、本校書道部に赤毛米で造る清酒のラベル書きの依頼があり、現2・3年次生の部員33名が書いた中から、 2年3組川上さんの作品が採用されました。
     


     
【2017.08.22】
     6月24日(土)に、新さっぽろサンピアザ光の広場において書道パフォーマンスを行いました。
     

     
    【部員より】
     ご来場頂きました保護者の皆様、一般の方々、また本校関係者、お世話頂きました方々、多くの人に支えられながらの活動です。 この出会いに感謝し、支えに感謝し、精一杯のパフォーマンスを行いました。 少しでも気持ちが伝わりましたら、幸いです。
     これからも日頃の感謝を胸に活動を続けていきますので、よろしくお願いいたします。
     
    【顧問より】
     日頃より部活動にご理解・ご協力を賜り、感謝しております。
     活動の内容をお見せする機会としてパフォーマンスを行っております。 部員の一所懸命な姿をお目にかけることで、感謝の気持ちの現れと受け止めて頂ければ幸いです。
     今後とも宜しくお願いいたします。
     

     
    その他の写真はこちらから。
【2016.05.10】
     5月4日(祝)、札幌市教育文化会館で開催された「北海道JCフォーラム2016」において、 12:30からのオープニングアクトとして書道パフォーマンスを行いました。 また、13:30からは子ども向けイベントとして書道体験のお手伝いをさせていただきました。
     
     ※ 今後の予定
      6月25日(土)14:00から、新札幌サンピアザ「光の広場」で書道パフォーマンスを行います。 ご高覧いただければ幸いです。
       


【2014.12.25】
     年明けに行われる書道パフォーマンスの時程が決まりました。お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。
  北広島高校書道部 書道パフォーマンス 「想い それは 感謝」
  日時 平成27年1月4日(日)13時〜14時
  会場 キャポ大谷地(地下鉄東西線大谷地駅直結)
     (札幌市厚別区大谷地東3丁目3−20(電話011−893−3100))
 
     〜大切な人への想いを伝えます〜
     膨大な時間を費やして、この一瞬に挑みます。私たちの想いが皆さんのこころに届きますように。 (書道部員一同より)
【2014.10.21】
     過日行われた「第23回国際高校生選抜書展(書の甲子園)団体の部」で、本校書道部は北海道地区優勝、 そして全国準優勝を成し遂げることができました。
     昨年までは8年連続団体地区優秀校という結果でしたが、今回念願の優勝を勝ち取ることができました。
     この結果、来年春の選抜高等学校野球大会代表校が使用するプラカードの文字揮毫を依頼されました。 是非ご注目下さい。
【2013.10.24】
     STVラジオ「よういサンデー」内の道内高校生の活動を紹介するコーナーで、 本校書道部へのインタビューの模様が放送されます。10月27日14:10頃からの予定です。
【2013.10.16】
     現在、書道展を開催しています。
 第4回 北広島高校書道部 森の中の書道展〜繋がる(伝える)ことが日本のこころ〜 
 日時 平成25年10月15日(火)〜27日(日)9時〜16時
 会場 北広島レクの森(北広島高校向かい)
【2013.06.30】
     学校祭で作品展示及びステージ発表を行います。(一般公開は6日)
     
    • 作品展示(場所:4階書道教室)
       
      臨書だけでなく、様々な種類の作品を約100点展示しています。
      この日のために膨大な時間をかけて準備しました。
      実際に、墨の香りや書の世界観を感じに来て下さい。
       
    • ステージ発表(時間:12:10〜12:30 場所:第2体育館)
       
      学校祭にぴったりな楽しく、夏らしいステージを企画しています。
      20分という短いステージですが、精一杯がんばります。
      見れば書道のイメージが変わるはず。
      是非見に来て下さい。
【2013.06.28】
     6月22日(土)サッポロファクトリーにおいてパフォーマンスを行いました。
     今回も多くの方に足を運んでいただきました。
     観に来てくださった方々の温かい声援や拍手に勇気づけられ、一人一人精一杯の力を出し切ることができました。
     3年生にとって校外でのパフォーマンスはこの日で最後でした。
     自分たちの声が全く聞こえなくなるほどの大きな拍手、最後まで笑顔で見守ってくれた皆さんの顔...もう二度とないあの瞬間を絶対に忘れません。
     あのようなすばらしい場所でパフォーマンスをすることができてとてもよかったです。
     本当にありがとうございました。
【2013.06.12】
     現在は学校祭に向けて、作品制作に取り組んでいます!


【2013.06.05】
     過去のパフォーマンスの様子、作品を追加アップしました。
【2013.05.29】
     次回のパフォーマンスの日時が決まりました。
  第5回 北広島高校書道部 書道パフォーマンス 「想い − 未来へ」
  日時 平成25年6月22日(土)13時〜14時
  会場 サッポロファクトリー アトリウム
     (札幌市中央区北2条東4丁目)
【2013.05.27】
     去る5月18日(土)、江別セラミックアートセンターにおいてパフォーマンスを行いました。
     私たちの予想をはるかに上回る約150名の方にお越しいただき、緊張もしましたが無事に終えることができました。
     江別でのパフォーマンスは今年で3回目。今年もここでパフォーマンスができたことをとても幸せに感じました。
     暖かく大きな拍手、本当にありがとうございました。
     
     北広島高校書道部は来月にもパフォーマンスを行います。
     次回はもっともっと成長した姿をお見せできるようがんばります。

▲ページトップに戻る